ザ・ショルダーパッズとは?

男性の衣装は2枚の肩パットのみ。
シンプルな肉体と、想像力の翼のみを武器に、演者と観客、双方の世界を無限に解放することに挑戦する。劇団鹿殺しの伝統表現の一つの集大成。
非日常への渇望と日常に潜む報われぬ叫びを抱え、どこまでも自由に物語に没頭するための作品形態である。
可笑しくも愛しいショルダーパッズたちを通して、
気づけば笑ってしまうほど美しい心の原風景に出会えることでしょう、多分、きっと!

再起動宣言

メッセージ

演劇をちゃんと作ろうとすると、お金がかかるものです。
劇場費、舞台美術、役者のギャランティ、スタッフ人件費、機材費、宣伝広告費などなど、、、
目に見えないところまで逐一、お金がかかります。
僕はアーティストだと自分に言い聞かせ、大きな夢を語ってみても
「そりゃあ、お金があればねぇー」と鼻で笑われるだけです。
劇団を始めて19年、ずっとこんな風に何度も唇を噛んできました。
このコロナ禍、憎きコロナ対策費なるお金も肩にのしかかってきます。
途方に暮れていた夏、「そうだ、肩パットだけでお芝居を作ろう!」と
起死回生の秘策を思いつきました。
お客様に「ケチりやがったな!」なんて言わせないために、
火事場のクソ力で面白い演劇を作ります。
劇場でも配信でも、とにかく小さな革命をご覧ください。
(※注 結果、今回もお金がかかってます)

丸尾丸一郎

降って湧いた自分見つめ直しの数ヶ月を経て、
劇団再起動宣言をした劇団鹿殺し。
まだまだコロナの影に怯える状況ではあるものの、
それに制限されて縮こまるのではなく、どうなろうとフレキシブルに
戦える力を持った、自由でシンプルな作品作りがしたい!
自由でシンプルってことは演劇の最高の魅力をまた味あわえるってことじゃないか!
ということで、ザ・ショルダーパッズと銘打って劇団の第一歩を踏み出したわけなのです。
仰々しく宣言していきなり肩パッドかよって笑われますかね…
でもそれも嬉しい。自由でシンプルでパワフル、
この状況下で一番頼もしいメンバーで作品を作れることに感謝です。
そして念願のタテタカコさんの音楽がザ・ショルダーパッズに羽を与えてくださる!
肩パッドを侮ることなかれ!
日々の肥料になるような、そんな演劇で皆さまとの再会を楽しみにしております。

菜月チョビ

上演作品

出演

チケット

劇場公演

前売・当日 
4,900(税込・全席指定)

パンフ付き前売券 
6,300(税込・全席指定)

ヤング券(U-22) 
3,500(税込・全席指定)

配信公演

前売・当日 
2,500(税込)

タイムテーブル

11/7(土) 16:00[銀] 19:00[銀]
11/8(日) 16:00[少] 19:00[少]
11/9(月) 休演日
11/10(火) 20:00[銀]
11/11(水) 20:00[少]
11/12(木) 20:00[銀]
11/13(金) 20:00[少]
11/14(土) 12:00[銀] 16:00[少] 20:00[銀]
11/15(日) 11:00[少] 14:00[銀] 17:00[少]

[銀] … 銀河鉄道の夜
[少] … 少年探偵団

コメント動画

スタッフ

脚本:丸尾丸一郎
演出:菜月チョビ
音楽:タテタカコ
原作:宮沢賢治(銀河鉄道の夜)
   江戸川乱歩(少年探偵団)
劇伴・編曲:伊真吾
振付:伊藤今人(銀河鉄道の夜) / 藤林美沙(少年探偵団)
振付:伊藤今人(銀河鉄道の夜)
   藤林美沙(少年探偵団)
舞台監督:西廣奏、領家岳丸
演出助手:溝端理恵子
舞台美術:青木拓也
照明:吉澤耕一
音響:谷井貞仁(ステージオフィス)
映像:ワタナベカズキ
衣裳・ヘアメイク:車杏里
アクション監督:加藤学
宣伝美術:藤尾勘太郎
宣伝写真:江森康之
宣伝ヘアメイク:タカダヒカル
WEB:小林タクシー
当日運営:SUI
制作:高橋戦車

主催:株式会社オフィス鹿
共催:あうるすぽっと
  
(公益財団法人としま未来文化財団)

安全対策ガイドライン

ご来場前にお読みください